高齢者

糖尿病の人の数は、最近の調査では、60歳以上の6人に1人という驚くべき数になっています。
また、加齢とともに糖尿病性の合併症が多くなり、いくつもの病気に苦しむ人がたくさんいます。
その他に、高齢者の糖尿病の特徴としては、次のようなものが上げられます。
1.インスリンの効果が加齢とともに低下して、血糖値が高くなる。
2.腎機能の低下で尿糖が血糖値の割に少なく、薬剤の蓄積が起こりやすい。
3.動脈硬化症が、加速度的に進行しやすい。
4.自覚症状が出にくく、異常があっても年のせいにして見落としてしまう。
5.家族への遠慮や諦めなどで、治療への意欲が少なくなる。
6.生活習慣を、なかなか変えられない。
糖尿病の基本的な治療は、高齢者でも若い人と変わらず、よりよいコントロールの維持が大切だということです。
ただ、諸機能が低下していますから、自覚症状が出にくく、異常に気がつきにくいということがあります。
従って血液検査だけでなく、眼底検査や動脈硬化などの検査も定期的に行って、糖尿病を管理することが大切です。
「食事療法」がうまくいかない背景には、「食習慣が変えられない」「食品交換表が使いこなせない」「歯や義歯の問題」などがあります。
「運動療法」も、心肺機能や膝関節などに問題を抱えている場合が多くあります。
さらに、「薬物療法」も、「薬の排泄が遅れる」「病気の数に伴って薬の種類が増える」などの問題も出てきます。
また、高齢者の場合、ちょっとしたことで体調を崩し、シックデイになることが多いものです。
しかし、どのような病気でも、大事に至る前に、軽症のうちに治すことがもっとも大切なことです。
高齢であっても、よいコントロール維持に努めていけば、合併症が進展しないだけでなく、精神的にもよいということです。
高齢者だからとあきらめず、まだたくさんある可能性に向かってどんどん挑戦し、納得のいく人生にしていきたいものですね。