糖尿病の現状

では、糖尿病の人はどれくらいいるのでしょうか?
2007年の調査データ(厚生労働省発表)では、日本国内の糖尿病の患者さんは約890万人でした。
そして、糖尿病予備群の人が約1320万人、合計すると全国に約2210万人いると推定されています。
これは1997年(10年前)に比べて、約1.3倍も増えたことになり、厚生労働省も増加ペースの加速に対して危機感を表明しています。
しかし、糖尿病で治療を受けている方は、50%程度しかいないのが現状です。
どうしてかというと、糖尿病は、初めのうちは痛みなどの自覚症状がありません。
それで、検査で「血糖値が高い」「治療が必要」と言われても、そのまま治療を受けない人が多いのです。
そして、糖尿病によって亡くなった人の数は、1年間で約1万9600人もいました。(2006年データ)
これには、糖尿病によって発症の度合いが高くなる心臓の病気や、脳血管系の病気などの死亡者数は含まれていません。
それと、糖尿病を治療せずに放っておくと、合併症が出てしまうので要注意です。
合併症とは、その病気が元になって起こる別の病気や症状のことで、糖尿病には次のような慢性合併症があります。
・糖尿病神経障害(手足のしびれや壊疽など)
・糖尿病性網膜症
・糖尿病腎症
・脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞
・下肢閉塞性動脈硬化症
・皮膚病、感染症
糖尿病特有の合併症は、「糖尿病神経障害」「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」で、これらを「3大合併症」と呼びます。
この他、高血圧・高脂血症・腎臓病の人が糖尿病になると、それらの症状を悪化させてしまうということです。