糖尿病の症状と予防・治療法 > 高血糖と診断されたら

高血糖と診断されたら

高血糖といわれたら、どうすればいいでしょう。
糖尿病は初めが大事なので、検査で高血糖といわれたら、まず、かかりつけのお医者さんに相談しましょう。
そして、定期的に血糖値の検査を受け、食事や運動など、日常生活についての指導を受けます。
ところが、血糖値が安定してくると、治ったかと安心して、検査や治療を受けなくなる人が多いのが問題です。
そのうち、いつの間にか血糖が上昇して、合併症を併発してしまいがちです。
血糖値が下がったからといって、もう治ったのではなく、生活習慣が乱れるとまたすぐに上がってしまいます。
一度糖尿病と診断されたら、きちんと定期的に検査を受けて、血糖のコントロールの状態を確かめることが大切です。
合併症を併発してしまうと、さらにさまざまな症状がでてきますので、日常生活や治療にいろんな支障が起こってきます。
必ずお医者さんの指示に従って、血糖のコントロールを続けていくようにしましょう。
最近は、自分で血糖値を測れる「血糖値測定器」があり、いろんな種類が販売されています。
機能に多少の違いはありますが、指や腕・太ももを針で刺して採血し、チップ(センサー)に付けて本体で測定するというものです。
メーカーによって価格や使い方、糖尿病のタイプや生活環境によっても、測定器を選ぶポイントがずいぶん違ってきます。
また、針やチップは消耗品ですし、長期に渡っての使用になるので、コストもかかります。
ですから、まずは、いろいろ調べてみてから購入することをお勧めします。
糖尿病のタイプによっては、一部、保険適用も可能ですので、詳しくはお医者さんに相談してみてください。