糖尿病の症状と予防・治療法 > 薬物療法(インスリン療法)

薬物療法(インスリン療法)

インスリン療法は、糖尿病のタイプや症状によって、内容が違ってきます。

すい臓からのインスリンの分泌は、24時間一定量が出る「基礎分泌」と、食事などの血糖値上昇のタイミングで出る「追加分泌」があります。

2型糖尿病の場合、インスリン分泌力はわりと保たれていますが、量が少なかったり、タイミングが悪かったりすることで高血糖になります。

2型糖尿病のインスリン療法は、この保たれている分泌力をうまく活用して、よりよい血糖コントロールを保持することが目的です。

ですから、追加分泌を「超速攻型」や「速攻型」で補うと、血糖値が改善します。

1型糖尿病の場合は、両方の分泌分をインスリン注射で補う必要があります。

インスリン製剤は、皮下に注射した後の「効果開始時間」「ピーク」「持続時間」の違いによって、「超速効型」「速効型」「中間型」「持続型」の4種があります。

また、混合製剤もありますので、それぞれの特徴を生かして上手に使いわけます。

最近は、簡単なペン型やキット製剤が主流で、全くといえるほど痛みはありません。

「超速効型」は、注射後すぐに作用し始めるので、食事の直前に注射でき、従来の「速攻型」よりも各段に便利になりました。

また、新しいタイプの「持続型(持効型溶解)」は、ほぼ24時間安定した効果が見られるので、低血糖の心配が少なくなりました。

それで、この注射と、食後の高血糖に対応する経口薬との併用治療も、検討され始めています。

インスリン療法は、病状が進んだときの治療法であると誤解されがちですが、血糖のコントロールのために行うもので、症状が改善されればインスリン療法が不要になる場合も多いです。
また、インスリン療法で血糖値を安定させておくと、すい臓を休ませることになり、インスリン分泌力が回復することもよくあるのです。